So-net無料ブログ作成

ツイッターのビジネス活用ガイドライン「Twitter 101 for Business」

ツイッターによるビジネス活用ガイドラインとなる「Twitter 101 for Business」が公開されています。..... 続きはコチラ

ニコン、タッチシャッター搭載モデルなどコンデジ「COOLPIX」の一部を発売延期

写真拡大COOLPIX S4000  写真一覧(4件)  ニコンイメージングジャパンは16日、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S4000」と「COOLPIX S3000」の一部のカラーモデルを発売延期にすると発表した。 発売延期の対象製品は、S4000のルビーレッドと、S3000のアクアブルー/ポップグリーン。いずれも2月23日の製品発表時には発売日を3月19日に予定していたが、今回、4月2日に延期された。延期の理由は、注文が当初予定した数量を大幅に上回り、十分な台数を用意できないためとしている。 その他のカラーモデルとして、S4000のブライトブロンズ/シャイニーシルバーと、S3000のファインオレンジ/ピュアシルバー/ビビッドピンクは、当初の発表どおり3月19日の発売を予定している。 両製品はともに光学4倍ズームで有効画素数が1,200万画素。「おまかせシーンモード」や「顔認識AF2.0」、「笑顔自動シャッター」、「美肌効果」などの機能を備えている。さらにS4000は、タッチパネル操作が可能な3型液晶ディスプレイを搭載するモデルで、ディスプレイ上の被写体にタッチするだけで瞬時にピントと露出を合わせて撮影する「タッチシャッター」などを搭載。動画撮影機能はステレオ音声付きハイビジョン画質に対応する。S3000は、約19mmの薄型ボディを特徴としている。■関連ニュースタッチパネル式3型液晶搭載モデルなどポラロイドのコンデジ3モデルポラロイドブランドのプリンター内蔵デジカメニコン、夜撮り対応やタッチパネル式などコンデジ「COOLPIX」3モデルシグマ、デジタル一眼レフの技術を採用したコンデジ2製品年末商戦向けの型落ちモデルが今買い時!?――カカクコム調べ

Nokia、09年携帯市場シェア予測を34%へ下方修正

Nokia は12日、同社の2009年世界携帯電話市場シェア予測をこれまでの38%から34%に下方修正する発表を行った。2010年も成長は見込めないとの見通しだ。Nokia によると、今回の修正はより正確な計算方式を採用したことによる修正結果だとしている。新たな計算式には正規品、非正規品、海賊版などの数値が含まれている。2010年のシェア拡大は見込めないものの、金額ベースでは前年比で小幅な成長を予測している。また、新たな計算方式の導入により、Nokia は2009年度の全世界携帯電話産業全体の出荷量を、当初見通しの11億4,000万台から12億6,000万台に上方修正している。その他、Nokia は2010年の携帯市場全体の伸びについては前年比10%成長という見解を維持している。■関連記事AUO と TPV、東欧に液晶パネル後工程モジュール アッセンブリー工場設立09年の世界 PC 出荷成長率1%―iSuppli【台湾】Quanta のノート PC 出荷予測、5,100万台に上方修正【台湾】AmTRAN、今年の液晶 TV 出荷目標700〜800万台【中国】深セン地区トップ100企業、Huawei が Foxconn を初めて凌駕

無料であらゆるムービーファイルを一発でまとめてH.264形式に変換できる「DivX Plus Converter」の使い方

本日、DivXの新バージョン「DivX Plus」が発表されたわけですが、その中でもかなりの目玉がこの「DivX Plus Converter」。今までは有料だったのですが一部機能が無料化され、H.264+AAC/AC3のPLUS HDプロファイルについてはなんとずっと無料で利用できることになりました。また、今まで認識できなかったファイル形式も解析して変換が可能になっており、かなり強力な変換ソフトに生まれ変わっています。また、「速くてなめらかな早送りと巻き戻しビデオトラックを作成」という機能が非常に秀逸で、「なぜこの機能が今まで無かったんだ!」というレベルです。実際にムービー撮影してみたので、百聞は一見にしかず、見ればすごさがわかります。というわけで、ダウンロードと使い方は以下から。DivX.comhttp://www.divx.com/ja/上記ページからインストーラをダウンロードしたらクリックして実行チェックを入れてから「了承する」をクリック「次へ」をクリック既にアンチウイルスソフトが何かインストールされている場合はここのチェックを外します。今回は既に別のアンチウイルスソフトを使っていたのでチェックを外してから「次へ」をクリックインストール中インストールが終わったら「完了」をクリックデスクトップにショートカットが作成されるので「DivX Plus Converter」を起動します15日間はフル機能が使用可能で、15日間が過ぎたあとも「PLUS HD」プロファイルによるH.264形式+AAC/AC3への変換は可能です。「続ける」をクリック。これが初期画面。以前とはまったく違い、いかにもそれっぽい画面に。使い方はカンタン、変換したいファイルをドラッグ&ドロップするだけ。ドラッグ&ドロップするとこのようにして自動解析が始まります。今回はフルHDファイルのサンプルとして、true tears 静止画、動画での検証および画質に関しての詳細にて公開されているファイルを使用しました。解析が終了。このようにして自動的に登録されます。それから形式を選びます。一番上の「PLUS HD」はH.264+AAC/AC3の形式に変換するのであればずっと無料で使えます。各プロファイルの選択基準としては、再生したい機器にDivXのシールが貼ってあるのであれば、そのシールと同じボタンをクリックせよ、という感じです。あとは左上にある「開始」ボタンをクリックするだけ。変換中……変換終了。「オープン」をクリックすれば自動的に変換後のファイルが入っているフォルダが開きます。変換後のファイルが出力されて保存されるフォルダは右下の「変更」ボタンをクリックすれば別のフォルダにすることが可能です。また、こうやって複数ファイルを登録するのもドラッグ&ドロップするだけでOK。「すべてのビデオを1つのファイルに結合」にチェックを入れれば、登録したファイルを全部1つのファイルにまとめることができます。ただし、登録されているファイルすべてが一番先頭のムービーと同じ解像度・フレームレート・サンプルレート・ビット深度・チャンネル数でないとダメです。わからない場合はとりあえずドラッグ&ドロップして試してみるとわかりやすいです。うまくいくとこうなります。各ムービーの切れ目ごとにチャプターが打たれる形式で、再生時にDVDのようにサクサクと移動できるようになります。なお、「出力」ボタンをクリックすれば、解像度(縦×横のサイズ)やファイルサイズ、ビットレートなどを変更可能です。例えば解像度はこのようにして変更可能で、アスペクト比(縦:横の比率、例えば16:9など)は自動的に維持されるので、縦か横のサイズを入力するだけで済みます。ファイルサイズも指定可能で、一覧から選ぶほかに、自分で数値を入力することも可能。「このサイズに収めたい!」というのができます。ファイルサイズ指定ではなく、ビデオ・ビットレート指定も可能。ビットレートを高くすればするほどきれいにはなりますが、ファイルサイズも大きくなります。オーディオ・ビットレートは「可能ならば元音声パススルー」にチェックを入れていると、無変換でそのまま元ファイルの音声を使用できるのであればそのまま使用するのですが、ビットレートを指定して音質を下げてファイルサイズを減らすことも可能です。さらに今回の新機能として、「速くてなめらかな早送りと巻き戻しビデオトラックを作成」というのがあり、これをオンにすると少しファイルサイズは増えますが、早送りや巻き戻しがめちゃくちゃなめらかになります。これはどういう機能かというのをDivXに問い合わせたところ、これは「DivX Plus HD」プロファイルの高度な機能を使った利点のひとつとなっており、このオプションを有効にして出力したファイルはブルーレイなどのような紙芝居的な早送りでなく、マシンのスペックにもよるのですが2倍速から16倍速などでもかなりスムーズに映像が流れるようになる、というわけ。これはパソコン上だけでなく、今年中の発売が予定されている「DivX Plus HD」認証機器(DivX Plus HDロゴの付いたBDプレーヤーなどのデジタル家電)でも非常にスムーズに動くようになる点が画期的な技術だそうです。というわけで、実験してみることにしました。「速くてなめらかな早送りと巻き戻しビデオトラックを作成」をオフにしたファイルとオンにしたファイルを用意して、再生してみることに。以下が実際の様子。まずオフになっているファイルを再生しています。そしてオンになっているファイルを再生しています。見たいシーンをびしっと選ぶことができるので、正直、かなり使いやすいムービーファイルが完成します。YouTube - H.264形式に変換できる「DivX Plus Converter」の使い方ちなみに、上記ムービー自体がデジカメで撮影したフルHDファイルを「DivX Plus Converter」で変換し、YouTubeにアップロードしたものです。・つづきMKV形式などあらゆるムービーファイルをPS3で再生できる形式に変換するフリーソフト「DivX Plus Player」の新機能「DivX To Go」・関連記事ムービーファイルをiPhoneやiPod用に一発で高速変換するシンプルなフリーソフト「iPodME」 - GIGAZINEAVI・MPG・WMV・MOV・FLVなどを一発でiPhone用ムービーに変換するフリーソフト「Free Video to iPhone Converter」 - GIGAZINEYouTubeを劣化なしで各種形式にオンライン変換する「FLV Online Converter」 - GIGAZINEYouTubeからムービーをAVI・MP4・MOV・3GP・WMV・FLVなどの形式でダウンロードできる「iDesktop.tv」 - GIGAZINEBlu-rayからリッピングしたM2TSファイルなどを簡単に字幕付きXviD/DivX/X264/ファイルなどに変換するフリーソフト「HDConvertToX」 - GIGAZINEあらゆるマルチメディアファイルを相互変換するフリーソフト「SUPER C」 - GIGAZINEあらゆるマルチメディアファイルを相互変換するフリーソフト「MediaCoder」 - GIGAZINE記事全文へ

中島みゆきの名曲をテーマにした犬童一心テレビドラマ開始

写真は1975年に発表された中島みゆきのデビューシングル「アザミ嬢のララバイ」のジャケット。中島みゆきの「アザミ嬢のララバイ」をテーマ曲にした、毎日テレビ制作による1話完結のオムニバスドラマ「アザミ嬢のララバイ」が4月21日(水)25:20よりスタートする。この番組は「眠る前に見るおとぎ話」「大人向けの子守唄」「ファンタジーに包まれたビターな大人の物語」がコンセプト。疲れて帰宅した女性視聴者を日常から離れたファンタジックな癒しの空間に誘う、ちょっと不思議なラブストーリーを楽しむことができる。番組全体のクリエイティブディレクターを担当するのは、テレビ連続ドラマは初の試みとなる犬童一心。このほか映像作家の手塚眞やテレビドラマ「ブラッディ・マンデイ」の麻生学らが監督を務め、脚本を「死に花」「L change the WorLd」の小林弘利らが手がける。またドラマのキャラクターとして、アートディレクター名久井直子がデザインした女の子・アザミも番組に登場。アザミはどんな女性の中にもある嫉妬深くてちょっと意地悪な部分を凝縮したようなアニメキャラで、番組中でシニカルな言葉を発する。中島みゆきの楽曲をドラマのタイトルにしたことについて、犬童監督は「全編に渡って流れる女性の気持ちや情感を感じさせてくれる歌詞やメロディが欲しかったのです。そんなとき、この曲を聴いた時に感じるグッと来る切なさを思い出したのです。中島さんにしか描けない世界感がそこにはあります」とコメントしている。

武器使用基準、緩和検討を=PKO参加−岡田外相

 岡田克也外相は16日午後の参院外交防衛委員会で、国連平和維持活動(PKO)に自衛隊が参加する際の武器使用基準について「今の憲法の下でも、もう少し広げる余地はあるのではないか」と述べ、自己や他の要員の保護などに限定している現行基準の緩和を検討すべきだとの考えを示した。浜田昌良氏(公明)への答弁。 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。